人相占いとは

人相占いと顔相占いは同じことをいいます。日本での起源は室町時代にありそうです。室町時代よりもっと前にアジアから様々な文化が伝わってきました。その際の書物から相書が伝わり、人々の間に人相学が広まったとされています。浮世絵などが人の性格を描くのはこの人相学からきているようです。明治時代になると専門に研究する学者が出てくるようになりました。現代でも研究は続けられていますが、占いの1つとして性格判断などに使われているのが一番有名です。
人相占い

人相占いでは顔相から性格やその人の運勢を占うことができます。目、鼻、口、眉毛、耳、髪、ほお、顎など顔の各パーツを使って判断します。その中でも”目”は人相占いでは重要視されています。目と目の間隔やまつ毛の長さ、目の形、目の太さ、目の大きさなど。これらのことで器用さや欲、思考力に嫉妬深さなどを知ることができます。占い師の中では人相をほぼ目で判断する人もいるくらい重要とされています。

その他、ちょっと変わった顔相のみかたとして、ほくろや鼻の穴の大きさ、エラの張り具合、などがあります。私はこのような変わったパーツを見たりはしませんが、重要視している占い師もいるようです。人相占いは得意としておりますので、ご興味のある方は鑑定予約をお待ちしております。