手相占いとは

手相占いとは占いの世界では良く知られている基本的な占い手法です。手相占いは数千年前に古代インドから始まったといわれています。インドから始まったのち、中国やアフリカ、ヨーロッパなどで独自の進化を遂げ、王族が兵隊や妻を選ぶときに用いられたという言い伝えが残っているようです。
日本で広まったのは江戸時代とされています。
手相占い

さて、では現代で手相占いとはどのような使われ方をしているのでしょうか?金運、恋愛運(結婚運)、仕事運など現代社会で人々が悩みとされるものを手相を使って占うのが一般的です。手のひらのしわ(筋)や肉のつきかたなどでその人の性格や運命が読み取れるとされています。

手のひらだけでなく、手の大きさや形、それぞれの指の長さなどで判断する方法もあります。これは占い師によって見かたが異なるでしょう。手相は知能の発達や能の変化によって変化すると言われています。そのため手相でその人の生活スタイルなどが分かってきてしますのです。

生命線・・・親指と人差し指の間を起点として、手首まで伸びている線を生命線といいます。その名の通りその人の生命力を表す線になりますので、健康状態や活力、寿命などがわかってきます。

結婚線・・・小指の付け根からすぐ下に現れている線のことを言います。結婚線ではいつ結婚するのか?どのような人と結婚するのか?どのような結婚をするのか?などを知ることができます。